借地権とは何か


家借地権と言われても、実際にはよくわからない人が多いでしょう。近年では土地を持っていない人も多いですし、政治家の悪政で生活が苦しい人が多いため、賃貸住宅で一生を過ごす人も激増しています。そこで借地権についてまずは知っておきましょう。借地権というのは、簡単に言えば建物や土地の貸し借りに関係している権利のことです。大きく分けると地上権と賃借権が存在しており、一般的に借地権と呼ばれているのは賃借権になります。

借地権というのは、賃貸住宅などを借りる人の方に影響する権利なのですが、あまり借りる方の人が知っていることはないでしょう。どちらかというと、貸す方の大家が知っておくべきことだと言えます。賃借権は建物の所有を目的としている人が、大家である建物の持ち主である人と賃貸契約を交わし、家賃を支払うことで得られる権利のことを指します。それに対して地上権というのは、同じように契約を交わして賃料を支払うことで得られる権利なのですが、賃借権と大きく異なっている点があります。

それは地主の許可がなくても譲渡や賃貸経営ができるという点です。そのため、地上権は地主がかなり不利になってしまうことから、通常借地権というと賃借権の方になるのです。借地権に関してはいろいろな法律も関係しているのですが、改正されることもあるので、土地の持ち主は専門家に相談をすることが重要になります。当サイトでは借地権に関する内容を記載しており、不明な点は底地取扱店に相談することもすすめております。