トラブルもある


男性借地権の売買はいろいろな法律が関係していますし、専門的な分野でもあるので、自分たちだけで行うと、トラブルに発展してしまうケースもあります。誰でもできる限りトラブルは回避したいと考えているので、このような場合には、専門家に相談をするのがよいでしょう。借地権の売買に関する相談をする場合、どこに行えばよいのかわからない人もいると思います。

売買に関することは不動産鑑定士弁護士に相談するのがよいと考えている人もいるでしょうが、まずは底地取扱店に相談するのが最もよい方法です。なぜなら弁護士に相談をする場合、借金に関する相談であれば無料で応じていることも多いのですが、借地権に関する相談を行った場合、知識のない弁護士が多くなっていますし、相談料を取られるケースも多くあります。

借地権の売買に関する相談が無料でできる底地取扱店を探すようにしましょう。もちろん相談をしたからと言って、そこの店を利用しなければいけないわけではありませんが、親身になって相談に乗ってくれた上に、知識も豊富で分かりやすく解説してくれた場合には、利用する方がよいでしょう。そうすることでトラブルを回避できる可能性がかなり高くなります。借地権の売買にはいろいろな料金が関係しているので、相談は必要不可欠でしょう。

底地について


家借地権とセットになっていると言っても過言ではないのが底地なのですが、底地とは何なのでしょうか。簡単に言えば借地権のある土地の所有権のことです。貸し付けることで契約者が得られる権利が借地権で、貸し付けができる土地の所有権が底地だと思えばよいでしょう。土地の所有者が持つ権利でもあるので底地権と呼ばれることもあります。中にはこの底地を利用したビジネスを行っている人もいるのです。

しかし、専門的な分野になっているので、一般の人では理解できない点が多くなっています。そのため、底地に関することは、底地取扱店に相談をするのがよいでしょう。底地取扱店も不動産屋なのですが、不動産屋には借地権に関する取り扱いは一切行っていない場合もありますし、取り扱いを行っているところもあります。取り扱いを行っている不動産屋を底地取扱店と呼んでいるのです。

借地権についても底地取扱店で相談することができるので、不明なことがあれば迷わずに相談をしてみましょう。ただし、相談する底地取扱店の情報収集は、事前にしっかりと行うことが大切です。一般的な不動産屋でも良し悪しが存在しているように、底地取扱店にも良し悪しが存在しています。評判がよくて、親身になって相談に乗ってくれるところでないといけません。

借地権の単独売買


借地権というのは、底地とセットになっていると言っても過言ではありません。しかし、借地権も底地も単独で売買することが可能です。ここで疑問に思うことは、借地権や底地を単独で売買したときと、セットで売買したときにはどちらの方がお得なのかという点です。実際には単独で最初に借地権を売買し、後から底地を売買したときと、まとめて売買したときでは、価格が変わってしまうのです。

最初に記載したように、借地権と底地はセットなので、一緒に売買することで値段が高くなるのです。このように単独で売買するよりも、セットで売買した方が得をすることを、コーヒーカップソーサ理論と呼びます。例えば1億円の価値がある土地が存在しているとしましょう。借地権と底地をまとめて売買すれば、土地の価値と同じ価格の1億円になります。

BUYしかし、単独で売買した場合には、借地権は4000万円程度になることが多く、底地のみの売買では1000万円程度になることが多いのです。簡単に言えば半分ぐらいの価格で売買することになります。もちろんこれは1例に過ぎないので、必ずしもこの金額になるわけではありません。それでも借地権と底地をセットで売買したときの半額程度まで下がってしまうことが多いので、セットでの売買を推奨します。