底地について


家借地権とセットになっていると言っても過言ではないのが底地なのですが、底地とは何なのでしょうか。簡単に言えば借地権のある土地の所有権のことです。貸し付けることで契約者が得られる権利が借地権で、貸し付けができる土地の所有権が底地だと思えばよいでしょう。土地の所有者が持つ権利でもあるので底地権と呼ばれることもあります。中にはこの底地を利用したビジネスを行っている人もいるのです。

しかし、専門的な分野になっているので、一般の人では理解できない点が多くなっています。そのため、底地に関することは、底地取扱店に相談をするのがよいでしょう。底地取扱店も不動産屋なのですが、不動産屋には借地権に関する取り扱いは一切行っていない場合もありますし、取り扱いを行っているところもあります。取り扱いを行っている不動産屋を底地取扱店と呼んでいるのです。

借地権についても底地取扱店で相談することができるので、不明なことがあれば迷わずに相談をしてみましょう。ただし、相談する底地取扱店の情報収集は、事前にしっかりと行うことが大切です。一般的な不動産屋でも良し悪しが存在しているように、底地取扱店にも良し悪しが存在しています。評判がよくて、親身になって相談に乗ってくれるところでないといけません。